美肌になる正しい洗顔方法

MENU

美肌になる正しい洗顔の仕方って?

美肌になる正しい洗顔方法

 

 

正しい洗顔と言っても答えは一つではありませんが、洗い過ぎても肌のバリア機能が低下し、洗わな過ぎても汚れが蓄積してくすみの原因になります。それぞれの女性が自分にとって最適という洗顔方法を見つけ出していくというのがオススメです。泡洗顔をするのは、多くとも1日2回までがベストです。それ以上、泡洗顔を繰り返すと、必要な皮脂まで奪ってしまい、肌のバリア機能が低下する原因になります。石油系界面活性剤が主原料の弱酸性の洗顔フォームを使うよりも、植物性の界面活性剤が主原料のアルカリ性洗顔石鹸を使うのがオススメです。石油系界面活性剤は必要以上に洗浄力が高く、必要な皮脂まで過剰に奪ってしまう可能性が高いです。アルカリ性の石鹸は、使い慣れないと肌が突っ張る感じがしますが、お肌が慣れてくると弱酸性に戻ろうという力が高まってお肌が良い状態になります。洗顔はゴシゴシ力を入れて擦るのではなく、泡立てネットなどを使ってねっとりした粘り気のあるような泡を作って泡の力で汚れを押し出します。すすぎは念入りに行いますが、水圧の強いシャワーは使わずにひと肌よりぬるめの31〜32度位のぬるま湯で丁寧に泡が無くなるまですすぎましょう。

 

ニキビを治して美肌に近づくには?