肌によい睡眠のとり方

MENU

肌によい睡眠のとり方

肌によい睡眠のとり方

 

 

以前はお肌のゴールデンタイムである午後10時には就寝をして翌2時まではずっと眠り続けることが肌に肝心と言われていました。最近は、専門の医師の間でも考え方が変化してきていて、皮膚科の医師も「眠り始めてから3〜4時間は目覚めることなく良質な睡眠を取るのが大切」と言っています。つまり、寝る時間帯が大切なのではなく、眠ってからの3〜4時間は起きることなく熟睡を続けることが大切だと言っています。ただ、毎日不規則な生活になっては、自律神経が乱れてしまうので、規則正しい生活を送ることが大切です。女性は、赤ちゃんを守る本能があるため、ちょっとした揺れや物音でもすぐに目が覚めてしまう場合が多いです。例えば、ボンネルコイル式のマットレスの一緒のベッドで夫婦で寝ている場合、振動が伝わりやすいのでどうしても後から夫が寝る場合には目が覚めてしまうでしょう。赤ちゃんを育てている短い期間は仕方ありませんが、旦那さんの方が就寝が遅い場合には、ベッドをポケットコイルにしたり、別々のベッドで寝る等の方が目覚めることなく熟睡できます。

 

アクポレスで大人ニキビを徹底ケア!